人気ブログランキング |

Sedona~セドナ3日目

3日目と言っても、もうここを午前中には出なければいけない。

また車で8時間の場所に一泊し、明日さらにそこから自宅まで8時間。

最後少しの残り時間に向かったのは昨日近すぎて良く分からなった
カセドラルロック。反対側に回り、川越しに見るのがいいそう。
少し分かりにくい道をグネグネと向かいついたのが、レッドロッククロッシング。
観光客の数も非常に少なく、ゆったりとトレイル出来ました。
午前中なので、岩に日が当たっていなくきっとサンセットの時はもっと
美しい風景が見れると思います。

a0290938_2142399.jpg

a0290938_2145084.jpg
a0290938_2151111.jpg


平坦で歩きやすいトレイルを歩きます。

a0290938_2161915.jpg
a0290938_217787.jpg
a0290938_2173725.jpg
a0290938_2175332.jpg
a0290938_2184717.jpg


川の水の冷たい事!!!数秒触っているだけで指が痺れます。
しっかりとパワーストーンも浄化。
車の音も何もしなく、シーンと静まっています。夏はこの川で泳げるそう。
1時間ほどしかいられませんでしたが、邪念が少しはなくなったかな(笑)。

そのあと岐路へ。途中、ルート66のミュージアムにも寄りました。
私たち以外誰も来ていない。

a0290938_2235733.jpg

a0290938_224146.jpg
a0290938_2243523.jpg


バーストーと言う町のモーテルで1泊し、次の日は途中の町へ昼食も兼ねて寄り道。
そこは私がどうしても行ってみたかった街、

Mcfarland マクファーランドです!

少し前に紹介した「Mcfarland,USA」の映画の舞台である実際の街!
人口14000人ほどの小さな街で、ほとんどの住民がヒスパニック系です。
映画のハイスクールもありました!街は思っていたよりとてもきれいに
整備されていて、レストランで食べたメキシカン料理もとっても美味しく
値段の安い事!その量にも驚きでしたが、今までメキシカン料理は冷たいもの
と思っていたので、暖かい熱いくらいの料理が出てきたことにも驚き。

a0290938_229859.jpg

a0290938_2371185.jpg

a0290938_2393368.jpg


丸い大きなプレート、こちらメインではなく「サイド」ですwwww
メインはこちら↓

a0290938_2404767.jpg

a0290938_2411113.jpg


この量!!!これで9ドルですよ~!!

メインが出てくる前に空腹に耐えかねて、サービスで出てきた
トルティーヤチップスを2バスケット平らげております。

サイドのピラフ?やチキン、アボカドディップを暖かいトルティーヤに
巻いて食べてねと、ドドーンとトルティーヤの追加。


うっぷうっぷです。

しっかりドギーバックをもらって持ち帰りました。
レストランにはこんなものも↓
a0290938_248454.jpg

店員さんたちがクロスカントリーのかっこいいTシャツを着ていたのでここで
売っていると。1枚25ドルと、ちとお高いが買って帰りました。ハイスクールへの
寄付になるそうです。良かった~。

そのあとはひたすらフリーウェイ。渋滞もあり自宅についたのは夜7時ごろ。
長い長いロングドライブでしたがセドナは唯一もう一度行きたいと思える
場所となりました。

a0290938_253355.jpg

by cofc-hs | 2015-11-28 17:06 | お出かけ

セドナに着いて2日目の早朝(実質1日目)。サンライズを
どうしても見たい。眠い目をこすりながら、6時に起きてそのまま
化粧もせずに向かった先は、ボルテックスの1つであるエアポート・メサ。
サンライズ、サンセットどちらもきれいにセドナを360度見渡せることが
出来ます。
駐車場が10台くらいしか停められるスペースがないと聞いていたので
早めに行ったのでとめれましたが、日の出前にはズラリと路駐の列です。
寒くて寒くて毛布持参でしたがそれでもじっとしていたら凍えそうな気温です。

a0290938_2373829.jpg
a0290938_238989.jpg


着いた時は真っ暗でしたが、次第に明るくなって。。。
a0290938_6573519.jpg

a0290938_701874.jpg


レッドロックの赤い岩が照らされて美しい光景でした。
舗装などされていない赤い岩山を登ります。↓
特にボルテックスは感じず。

a0290938_2434837.jpg
a0290938_2442820.jpg

a0290938_6565586.jpg


その後はホテルへ戻り朝食後、残り3つのボルテックス巡りへ。

a0290938_2465691.jpg
a0290938_2471477.jpg
a0290938_2482628.jpg
a0290938_2485524.jpg
a0290938_2491914.jpg


ベルロックは、トレイルを登っていよいよベルロックへと言う場所で、時間が
ないので諦めました。でもあとで調べてみると、滑落死亡事故があったり、登るのは
出来ても岩が滑るので下りられなくて救護隊を呼んで数百万!と言うニュースを
見てびっくり。でも登る途中で出会ったアメリカン達に聞いたら
「Pretty easy!!」めっちゃ簡単よ~なんて言ってましたが。。。
ホテルの人に聞いたらベルロックは皆何かしらのパワーを感じていると
強くおすすめされましたが、ここも特にボルテックスは何も感じない...。

岩の間に建てられたホーリークロス教会にも行きました。地上60メートル上の
アリゾナのレッドロックに自然と溶け込んでいる教会。1956年完成の地元の
芸術家によるデザインだそうで、アメリカの建築家協会の受賞もしているそうです。
ここも駐車場待ちで長ーい列でした。

a0290938_244883.jpg


a0290938_253992.jpg


そして3番目のボルテックス、カセドラルロックへ。大聖堂と言う意味だそうで
その大きさはもう圧巻。カメラにとても入りません。駐車場もいっぱいで
停められなく、3回戻ってきてようやくとめたのですが岩に近すぎでその良さが
良く分からなったので、次の日に少し遠い所へまわって川越しに見ることに。
ここでも、何も感じず。

a0290938_2201145.jpg


最後に向かったのが少し中心街より離れている、ボイントンキャニオン。
曇り空ですーしだけみぞれのようなものもチラチラ。
でも何故か、ここのトレイルは足が進みます。何かが違うのです。
次女と、私、ビビッと来る場所へ少しトレイルからそれて入ってみると、
手がビリビリ痺れているのがわかります。あきらかに他とは違う場所でした。
次女は特に手が動かない~と言って、かなりパワーを感じたそうです。
木々や草も、ボルテックスのパワーでねじれています。

a0290938_6422896.jpg

a0290938_6425512.jpg
a0290938_6432837.jpg
a0290938_6435480.jpg


小雨も降って来たので、30分トレイルし、駐車場へ。すると、長身の男性が
近づいて来て、長女と次女に「For you」と言ってポケットをがさごそして
何かを手に持たせてくれたのです。

a0290938_6461527.jpg


なんと、セドナのレッドロックで作った❤!!
子供達の後ろから、なに?なに?と覗き込んでいた私にもくれました!
後に、グーグル先生にきいてみたところボイントンキャニオンでは大変
有名な「ハートおじさん」だと言う事が分かりました。
なんでも、お天気のよい時にふらっとこのキャニオンに現れて、石をくれるそうで
出会ったら本当にラッキーだそうです。何の予備知識もない私たちは
何も知らなくて、いつもなら警戒する子供達も何故かフレンドリーに。
こんなお天気のあまり良くない日に会えるなんて、本当にラッキーでした。
スターバックスのナプキンに包んで大事に持ち帰ります。

ハートおじさん、ありがとう。次お会い出来たら、自慢のフルート聞きたいな。
by cofc-hs | 2015-11-27 13:30 | お出かけ

Sedona セドナへの旅行~

サンクスギビングホリデーで、スピリチュアルな町、アリゾナ州セドナへ
行って来ました。5日間と言う強行スケジュール。
北米に住んでいるうちから、片道875マイル(1400キロ!!)で
東京~鹿児島間の距離に相当します。もちろん1日で行くのは無理で
夕方4時に出発し、1/3くらい走った町で1泊。そこに到着するのも
フリーウェイの渋滞もあって、5時間半かかってしまった。

次の日は朝6時半にホテルを出て、セドナに着いたのはなんと・・・・

夜の6時半!!!!12時間かかっております。

a0290938_2231848.jpg


砂漠の中の単調でどこまでも続くまっすぐなフリーウェイ。制限速度は75マイル。
最低120キロなので、みな85マイルくらいでビュンビュン走って追い越して行きます。
こういう道を何時間もえんえんと走るので、睡魔が襲ってきます。

a0290938_226844.jpg

a0290938_3211561.jpg


途中、映画「Cars」のモデルになった小さな小さな町「Serigman(セリグマン)」
に立ち寄りました。あの有名なルート66です。
が、26日のサンクスギビング当日なのでお店はほとんど
閉まっていて、観光客も私たちだけ!?しーーんと静まりかえっています。
小さなBarの前ではカウボーイハットの男性が二人、ビールを飲んでいます。

こ、コワカッタ。

a0290938_2303579.jpg
a0290938_231716.jpg

a0290938_2443616.jpg

唯一開いていたお土産やさんでマグネットを購入し、フリーウェイへ。

a0290938_2324220.jpg


Arizonaです。まだまだ進みます。

a0290938_234898.jpg

a0290938_241994.jpg

a0290938_3202854.jpg


ガソリンも何度入れた事でしょう。セドナに着いた頃には日も沈んで真っ暗。
途中、私も2時間ほど運転したけど、スピードが速くてトラックが多いので
坂道ではトラックを追い越さないといけないので、車線変更がしょっちゅう。
クルーズ運転(スピードを75マイルに設定すればアクセルを踏まなくても
そのまま走行してくれる)で足元は楽なんだけど、常に追い越さないと
いけないので、ゆっくり運転なんて気分じゃなかった。

a0290938_2415398.jpg

a0290938_2422993.jpg
a0290938_2425184.jpg


暗くなって、ますます運転するのがこわい~。道端には雪が残っています。
7時前くらいにやっと到着。最後すごい山道をグネグネと下りすっかり気分も
悪くなったところでセドナです(笑)。真っ暗で岩のシルエットしかみえない。

せっかくのサンクスギビングなので今晩は美味しい食事をと予定していた
レストランはホリデーのため閉まっているとネットで見て、どこにしようかと
思っていたら、なんとそのレストランが開いている!!!
でもすっごい人!外でいっぱい待ってる~、地元で人気な上に唯一
開いていると言う事もあってすごい人です。とりあえず走る私。
中で聞いたら約1時間待ちと言う事で、待つことに。電話番号を言って
ホテルで待つことにしました。そして、ふと目の前をみるとホテルの看板が。
「あれ、ここ今晩泊まるホテル?」なんとレストランの道を挟んで目の前の
場所だったので、これも驚き!セドナは招かれた人しかたどり着けないと
聞いていたので、これは招かれたんだー!と勝手に盛り上がってました。

a0290938_2533174.jpg
a0290938_2535781.jpg
a0290938_2543624.jpg

a0290938_3183636.jpg


泊まったホテルは、「オーチャーズイン」。モーテルのように部屋の前に車を
停めます。いつも価格お安い「~イン」シリーズ。
今回は、部屋が最高だった!ホテルの中でも一番大きくて眺めのいい角部屋の
2階!!予約の時に「結婚記念日の月なので、広い部屋を」とリクエストしていた
のが良かったみたいです。実際結婚記念日は月初めだったので、
うんと過ぎていたのだけれど。。何でも言わないと損するアメリカ。
暖炉が最高です。ミニキッチンと洗面台もバスルームと別になってる!!
これで1泊$200しません!アメリカのホテルは1人いくらではなく、1室いくら
なので、本当に安く泊まれるので嬉しい!こういうホテルは朝食も付いてます。
コーヒー、紅茶、ボトルウオーターもフロントでいつでも無料。

そうこうしてるうちにすぐにレストランから電話が。
向かいなので歩いて3分!

レストランは「COWBOY CLUB」と言うアリゾナらしい名前です。

a0290938_35078.jpg

a0290938_352873.jpg

a0290938_319849.jpg

a0290938_3193630.jpg


前菜にサービスでドングリ出てきました。ちょっと苦かったけど栗みたいです。
頼んでみたかった、アリゾナのサンプラー。
バッファローの肉、サボテンのフライ、ガラガラヘビのソーセージ!!!
バッファロー、赤身で美味しい、蛇ソーセージは普通にソーセージ。
サボテンはちょっと酸っぱかったけど、普通の野菜の揚げ物。
皆それぞれメインを注文したけど、一番おいしかったのは、バッファローの
シチューでした!12時間煮込んでいるそうで、ホロホロでした。
他は特に普通のレストランと変わらなかったかな~。

もうぐったりだったので、あまり記憶のない私たち。
続きはまた明日。
by cofc-hs | 2015-11-25 16:13 | お出かけ

歯が命のアメリカ


よく、アメリカ人は歯が命だなんて聞きませんか~。
近年、日本人も矯正人口が増えてきていますが、まだまだ~。

ここにいると自分の歯並びの悪さと黄色い色の悪さがとっても
気になります。日本では全く気にならなかったのだけど、アメリカンは
歯にとてもお金をかけてケアしております。学校の子供達もクラスの
半分いかないくらいがブレースを装着してる。
歯並びや色が悪い=家庭環境が悪い、親が子供のケアをしていないと
みなされ、将来の就職、結婚に大変大きな影響を及ぼします。
アメリカの矯正は、即抜歯してブレースを装着するので1年ほどで終わります。
「歯を抜かない」矯正の選択はほとんどなく、てっとり早くスパッと抜いちゃいます。

日本で40万近く出して「抜かない矯正」をしていた長女。3年経った今、ゆがむゆがむ。
アメリカの先生には、抜いて矯正、1年で終わり!と言われ悩んでおります。
日本での矯正はなんだったのか・・・・。

次女も八重歯のような生え方をしているので、もうすぐ矯正。

私もガタガタなので矯正を勧められたけど、そこまで出費出来ません~。
せめて色だけでも白く・・・とホワイトニングをしたりギンギンギラギラのかぶせ物を
全て白いのに直してもらったり。
ホームホワイトニングの歯磨き粉もとても優れているので、それを使ってます^^
アメリカで一番売れているクレスト。スーパーで普通に買えます。5ドルくらい。
プラス、フィリップスの電動歯ブラシで前よりだいぶ白くなってきました。
同じくクレストの商品で歯にシートを貼ってホワイトニングする商品も大人気
だそうで、今度試してみたいと思ってます。

a0290938_384169.jpg

by cofc-hs | 2015-11-07 02:43 | アメリカのこと

Limited Edition


限定商品

冬になると毎年出てくる、色んな限定商品。
買わずにはいられない。

a0290938_2551816.jpg
a0290938_2553750.jpg
a0290938_2555850.jpg
a0290938_2561857.jpg
a0290938_2563466.jpg
a0290938_2565957.jpg



このクリームパフ、一口サイズのシューアイスなのですが甘くなくて美味しい!
普段はホイップクリームアイスが入ってます。
クリスマスバージョンはエッグノッグのカスタード風味です。

これからジップロックコンテナなどのタッパ類もクリスマスバージョンが
沢山出てきます♪
by cofc-hs | 2015-11-03 08:53 | 生活