人気ブログランキング |

お菓子作り

前に、豪華ランチを頂いた同じ会社の駐在奥さまの家で今回はお菓子作り。
いつも、いっぱい用意して頂いてすっかり甘えっぱなしです。

家に着くと、テーブルにはすでにセットが!
料理が大変お得意なので、道具も沢山持っています。

a0290938_3231634.jpg


作ったのはシンプルなクッキーですが、上にマシュマロフォンダンという物をのせ
アイシングで絵を描いたりすると言うとても凝ったもの。
もちろん、マシュマロフォンダンなんて初めてききました。
マシュマロをレンジでチンし、食紅やレモンエッセンスを加えたもので、
焼く前のクッキー生地くらいの硬さです。
すでに生地もすべて作ってくれていて、型抜きだけというなんて心遣い!
型抜きだけなので、喜んで娘たちは作っていきます。焼きあがったら、アイシングとトッピングの
砂糖菓子、マシュマロフォンダンで飾り付け。

a0290938_3283526.jpg


その間も、ジュースやお菓子、ケーキまで作ってくれていてあっと言う間に時間もすぎます。

タダ~~ン!

a0290938_3304914.jpg


最後、力尽き飾り付けがおろそかになりつつ、長女が作ったアメリカンフラッグのクッキーには驚きました!
毎日、学校でこのフラッグに向かい右手を胸に当て「忠誠の誓い」を皆で言います。
何故、左手ではなく右手なのか?
素朴な疑問を日本で英語を教えてもらっていたアメリカ人に質問、
「それは、自分の心つまり心臓のある方へ誓うからだよ」なるほど~。

話がそれました。
こんな可愛いワンちゃんもいます。
このワンちゃんを2週間ほどうちで預かることになってます^^
ワクワク!
a0290938_294471.jpg

by cofc-hs | 2013-02-28 23:15 | 生活

葬儀

そのニュースは突然、私たちの耳に。
まさか、アメリカへ来て4か月ちょっとで葬儀に出席することになるなんて!

子供たちの学校は今週はお休み。リンカーンの誕生日のため祝日になり
学区にもよりますが、1週間お休みになります。

もちろん旦那くんは仕事で、仕事中に会社へ次女の学校から電話がかかってきたそう。
「担任の先生が急死されました」のような事を言っていたらしく、何分電話なのではっきりと
聞き取りできなかったそうで、学校HPを見てみると・・・やはり亡くなったと言うメッセージが。
女性で、大変個性的で独自なファッションを確率しており、でもとても厳しい先生でした。
イベントごとにテーマに合わせた衣装やアクセサリーを着けて皆の目を楽しませてくれていました。
つい先週のバレンタインの日に見た真っ赤のワンピースに白いレースのジャケットが私が見た
最後のファッション。

クリスマスには、なでしこの柄の生地でポーチを作りスタバのギフトカードと共にプレゼントしました。
大変喜んでいた様子で、「クレジットカードとキーを入れている」というお手紙を頂きました。
その手紙は大事に財布に入れてあります。学校で次女が嫌な事を言われ泣いているときは
「don't cry」と言って、優しくおでこにkissをしてくれたそう。
まさかなんで急に・・・。

次女と共に葬儀に出席。葬儀と言ってもお身体はありません。
メモリアルサービスと言って、お別れ会のような感じでしょうか。でも、教会でキリストさまです。
仏教しか知らない私たちは現地の方に事前に色々教えてもらって出席。教会の中は満席です。
事前に先生のご家族から服装に関して「明るい色で」とリクエストがあり(先生らしい!)、明るめの色で行きました。
日本では考えられませんよね。ジーンズの人、花柄の人、超ミニスカートの人、ジャージの人・・・
もちろん正装の方もいましたが、ブーツやサンダル、驚きです。
牧師さんのお言葉や、聖歌、フルート演奏、パイプオルガンは2階のステージでもちろん生演奏です。
大きな大きな吹き抜けの教会、美しいステンドグラスの装飾、とても異空間で神聖な気持ちに。
牧師さんのお言葉、当然英語ですが所々にジョークが混じり、皆笑うのです!英語が分からないので
私たちは笑えません。ひきつり笑い・・・。

泣いている人もほとんど見かけませんでした。
途中、讃美歌を歌ったり牧師さんの言葉を復唱したりするときは椅子から立ちます。周りをキョロキョロして
同じように合わせました(汗)。そしてキリストさまの肉体と血を分けて頂く儀式もあり、実際には
1円玉くらいの薄いモナカの皮みたいなものを牧師さまから頂いて、ワインに浸して食べます。
なぜか子供たちは手を胸の前でクロスして、自分を抱きしめるようなポーズを取り、
それを食べません(ワインだからか?)。代わりに牧師さんが子供の頭の上に手を置いて何か
言ってくれました。が、その内容は不明。果たしてあれはなんだったのか・・・。
1時間半くらいの式が終わると、地下室の部屋でポットラックパーティー(持ち寄り会食)です。
残されたご家族や出席者皆で軽食を食べて、解散。

とても悲しい残念な出来事でしたが先生の新たな旅立ちの式に出席出来て本当に素晴らしい経験が出来ました。

先生、キリストさまに会えましたか?

a0290938_6382427.jpg
カリフォルニアはとても暖かく桜が満開です。


****************************************************************************
by cofc-hs | 2013-02-23 20:03 | 学校

バレンタインデイ 当日

アメリカでは男性から女性へ花とジュエリーなどを送る日。
日本とは全くちがいます。ホワイトデイはなし!
前日、Targetと言う大型スーパーのカード売り場では
男性陣が女性へのカードを熱心に選んでいる後姿を沢山みました!

学校では・・・!二人ともピンクと赤の服で登校!

長女の学校は、午後からパーティーの時間をとってくれ、各自チョコやカードを
居れるBOXを用意します。靴箱でいいと聞いたのでそれを持参しデコレイション。
自分専用のポストですね。
そこへみんな入れて回ります。

a0290938_163145.jpg


カードだけの子、チョコや鉛筆の子、様々です。途中でボランティアのお母さんが来て
みんなにアイスクリームを作ってくれ、ホイップクリームまでのせて出してくれたそうです!
担任の先生は抱えきれないほどチョコや花束を子供たちからもらっていたそう。

次女は、学校で紙袋を用意してくれてそれに絵を描いて同じくみんな配りまわります。
一番驚いたのが先生からのヴァレンタインプレゼント!!
a0290938_15591974.jpg

HOME WORK PASS!
宿題を1日パス出来る券です!後ろにはきちんと先生の直筆サイン入り!
いつ使うか考えすぎて使えなかった子もいるみたい。
こういう、面白い演出アメリカらしい~

a0290938_1632328.jpg
a0290938_1635077.jpg



by cofc-hs | 2013-02-14 15:50 | 学校

バレンタインデイ準備

a0290938_9363064.jpg
明日はValentine's Day!

色々聞いて、調べて・・・。

今はもう、そのイベントをやっていない学校も多いと聞いてました。
クラス全員分のチョコを用意!
ひぇ~。30人ちょっと。×姉妹分。60個のハートを折り紙で作り、チョコを用意し袋に。
先生には期間限定のGODIVAを。
明日はどんなイベントがあるのでしょうか!?
a0290938_9342163.jpg
a0290938_9344890.jpg

by cofc-hs | 2013-02-13 09:26 | 学校

今日のCindy

文字がグリーンです^^
a0290938_9255063.jpg

by cofc-hs | 2013-02-12 09:24 | 生活

ランチ

子供たちのランチ
a0290938_9233127.jpg
a0290938_9234797.jpg

思いっきり普通のお弁当。しかも懲りすぎ!?
こちらのランチはみな本当に簡単なもの。ジップロックにスナック、パン、りんご。
以上。

アメリカでは共働きがほとんどで、朝忙しい母親に代わって自分でぱぱっと用意できるものなんです。
もちろん、学校でランチを買う事も出来ます。長女はたまに買っていますが、次女はアメリカの食べ物が
あまり口に合わず、お弁当の毎日。次女の学校は多国籍なので、みないろんなランチを持ってきているそうです。

by cofc-hs | 2013-02-11 09:18 | 学校

カリフォルニアはよく霧が出ます。朝、たまにこんな状態で真っ白です。
ごみの日だったので、家の前にごみ出してますね。
a0290938_918694.jpg

by cofc-hs | 2013-02-11 09:16 | 生活

レンタル

ようやく4か月経って、アップライトピアノをレンタルすることが出来ました。
遠いサンノゼにあるシリコンバレーピアノさんで電話とメールのみで、まさかの契約!
さすが日本人がオーナーと言う事だけあって話がスムーズ。

本当は近くのピアノ店でレンタルするはずだったのに、まだ渡米間もないので
クレジットヒストリーがなく、(クレジットカードを使っている履歴)信用されないので
カード会社から拒否。移民大国アメリカ、さすがなシステムです。
1年ほど滞在すれば、使えるようになるようで、でもそんなに待てない!
往復の運搬料金は高くついてしまったけれど、サンノゼまで4時間かけてなかなか行く時間もなく
広告で見て連絡。すんなりとレンタル出来、音色も希望通りのものを選んでくれました。
月々のレンタルはTAXを入れて$80くらい。日本で留守番しているピアノと同じランクのものを
レンタル薦められたけど、高いので諦めこちらに。それでも十分です。
どうせなら、広いアメリカの部屋でグランドピアノを!なんて夢みてましたが、$100~。
アメリカの家には黒いピアノがとっても映えます。
a0290938_5224647.jpg
a0290938_523398.jpg

by cofc-hs | 2013-02-08 10:13 | ピアノ

Point Bonita Camp その2

長女がキャンプへ出かけて二日目の夜、私の携帯にテキストメールが!
一緒の部屋で寝て、ケアしてくれていたお母さんの携帯から楽しそうに友達と写る写真が。
英語もまだまだ全くわからないのに、大丈夫かと心配していたのは親だけで
とても楽しい!と書いてありました!しかも英文で。
単語連発攻撃+度胸でなんとかなったそうです。私だったら胃炎で病院いきかも。
ほんとうに子供の力には驚かされます。

a0290938_543527.jpg

PointBonitaに行く前に立ち寄ったレッドウッドがある、ナショナルパーク

a0290938_545465.jpg

曇っていますが、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ

a0290938_551734.jpg

まくら投げはしなかったようですね

この海の先には日本があるのですね~
a0290938_553446.jpg


もっと沢山友達と撮った写真があるのですが、顔が写っているので、風景のみです。
by cofc-hs | 2013-02-07 11:51 | 学校

Point Bonita Camp

今日から3泊5日のキャンプに出掛ける長女。大きなバッグに荷物を詰め、サンドバッグ、いや
スリーピングバッグも持ち、バックパックにはランチと水を入れ、出発!
朝早く、学校の近くの公園で集合だったので送ってきました。
日本で言う、修学旅行+自然学校のようなもの。

みんな意外と荷物が少ない・・・。

それぞれ個々に集まって話をしているのだけど、その輪になかなか入れない・・・。
英語と言う大きな壁が常に行く手を阻むのです。
娘がクラスメイトを発見!そこにいたお母さんが「Hi~!」と声をかけてくれて、自己紹介と握手の連発。
名前が聞き取れない上に、誰のお母さんかもわからない。なので次に会ったときはきっと忘れているでしょう。申し訳ない。
「ジャパンから来たのよね!☆☆ちゃんの事は、話をよく聞くわ!」のような事を言っている。
みんな家で娘の事を話してくれているのだと思うと、嬉しい。

どうも、みなそれぞれ事前にリクエストしたグループで固まっている。
娘に聞いても、「分からない~」。
あるお母さんに「ドライバーは誰なの?」「私たちと同じグループ?」のようなことを聞かれたのだけど
事前に何も聞いていないので分からない・・・。
娘ときょろきょろしていると担任の先生を発見!
忙しそうにしていたのだけれど、無理やり声をかけようやくドライバーさんを教えもらいました!

駐在先輩ママさんに聞いたのは、アメリカでは日本のようなきめ細やかな気遣いはゼロに等しい、
「多分、やってくれるだろうなぁ」とか「きっと、言ってくれるだろう・・・」と言う考えは全て捨て
なんでも、どんな些細な分からない事もすべて自分たちで行動し聞かないと、待っていても、
教えてはくれない!と言う事です。聞かない=理解している、と言う事になります。
英文宿題のプリントなんかも、やり方が分かるわけもなく、だからと言って外国からの転入生に
特別扱いはありません。事前になんのフォローもありません。転入したその日から全て、現地の子供たちと同じ扱いです。こちらから申し出ない限り、同じラインに立たされます。
聞くか、感でやるか、まったくしないか、のどれかになります。
もし、これが日本だったら外国の子供が突然転入してきたらヘルプの嵐でしょう。
必死で知っている英語を並べ、気を使ってくれるでしょう。
まず、ありません。

ここアメリカではすべて自分でアクションを起こさなければいけないところがなかなか、しんどいです。
待っていても誰も助けてくれないのです。

話がそれましたが・・・・元に戻って、
ドライバーと言っても大型バスなどで行くのではありません。
全て、

保護者のボランティア!

です。
自分の車に子供たちの荷物を詰めるだけ詰めて、4人くらいを乗せて2時間走ります。
しかも、そこの施設に一緒に泊まって子供たちのケアもします。
費用も子供と同じくらいかかります。

平日の4日間、仕事を休み子供のボランティア。
お父さんも沢山来ています。
アメリカの小学校はボランティアで成り立っているようなもので、みな率先して参加しています。
本当にすごいです。保護者とその地域で学校を作り上げている感じです。
仕事をしていても、ボランティアに参加できる環境が整っている部分は素晴らしいですね。

*****************************************************************
by cofc-hs | 2013-02-05 07:08 | 学校