人気ブログランキング |

Sedona~セドナ3日目

3日目と言っても、もうここを午前中には出なければいけない。

また車で8時間の場所に一泊し、明日さらにそこから自宅まで8時間。

最後少しの残り時間に向かったのは昨日近すぎて良く分からなった
カセドラルロック。反対側に回り、川越しに見るのがいいそう。
少し分かりにくい道をグネグネと向かいついたのが、レッドロッククロッシング。
観光客の数も非常に少なく、ゆったりとトレイル出来ました。
午前中なので、岩に日が当たっていなくきっとサンセットの時はもっと
美しい風景が見れると思います。

a0290938_2142399.jpg

a0290938_2145084.jpg
a0290938_2151111.jpg


平坦で歩きやすいトレイルを歩きます。

a0290938_2161915.jpg
a0290938_217787.jpg
a0290938_2173725.jpg
a0290938_2175332.jpg
a0290938_2184717.jpg


川の水の冷たい事!!!数秒触っているだけで指が痺れます。
しっかりとパワーストーンも浄化。
車の音も何もしなく、シーンと静まっています。夏はこの川で泳げるそう。
1時間ほどしかいられませんでしたが、邪念が少しはなくなったかな(笑)。

そのあと岐路へ。途中、ルート66のミュージアムにも寄りました。
私たち以外誰も来ていない。

a0290938_2235733.jpg

a0290938_224146.jpg
a0290938_2243523.jpg


バーストーと言う町のモーテルで1泊し、次の日は途中の町へ昼食も兼ねて寄り道。
そこは私がどうしても行ってみたかった街、

Mcfarland マクファーランドです!

少し前に紹介した「Mcfarland,USA」の映画の舞台である実際の街!
人口14000人ほどの小さな街で、ほとんどの住民がヒスパニック系です。
映画のハイスクールもありました!街は思っていたよりとてもきれいに
整備されていて、レストランで食べたメキシカン料理もとっても美味しく
値段の安い事!その量にも驚きでしたが、今までメキシカン料理は冷たいもの
と思っていたので、暖かい熱いくらいの料理が出てきたことにも驚き。

a0290938_229859.jpg

a0290938_2371185.jpg

a0290938_2393368.jpg


丸い大きなプレート、こちらメインではなく「サイド」ですwwww
メインはこちら↓

a0290938_2404767.jpg

a0290938_2411113.jpg


この量!!!これで9ドルですよ~!!

メインが出てくる前に空腹に耐えかねて、サービスで出てきた
トルティーヤチップスを2バスケット平らげております。

サイドのピラフ?やチキン、アボカドディップを暖かいトルティーヤに
巻いて食べてねと、ドドーンとトルティーヤの追加。


うっぷうっぷです。

しっかりドギーバックをもらって持ち帰りました。
レストランにはこんなものも↓
a0290938_248454.jpg

店員さんたちがクロスカントリーのかっこいいTシャツを着ていたのでここで
売っていると。1枚25ドルと、ちとお高いが買って帰りました。ハイスクールへの
寄付になるそうです。良かった~。

そのあとはひたすらフリーウェイ。渋滞もあり自宅についたのは夜7時ごろ。
長い長いロングドライブでしたがセドナは唯一もう一度行きたいと思える
場所となりました。

a0290938_253355.jpg

by cofc-hs | 2015-11-28 17:06 | お出かけ

セドナに着いて2日目の早朝(実質1日目)。サンライズを
どうしても見たい。眠い目をこすりながら、6時に起きてそのまま
化粧もせずに向かった先は、ボルテックスの1つであるエアポート・メサ。
サンライズ、サンセットどちらもきれいにセドナを360度見渡せることが
出来ます。
駐車場が10台くらいしか停められるスペースがないと聞いていたので
早めに行ったのでとめれましたが、日の出前にはズラリと路駐の列です。
寒くて寒くて毛布持参でしたがそれでもじっとしていたら凍えそうな気温です。

a0290938_2373829.jpg
a0290938_238989.jpg


着いた時は真っ暗でしたが、次第に明るくなって。。。
a0290938_6573519.jpg

a0290938_701874.jpg


レッドロックの赤い岩が照らされて美しい光景でした。
舗装などされていない赤い岩山を登ります。↓
特にボルテックスは感じず。

a0290938_2434837.jpg
a0290938_2442820.jpg

a0290938_6565586.jpg


その後はホテルへ戻り朝食後、残り3つのボルテックス巡りへ。

a0290938_2465691.jpg
a0290938_2471477.jpg
a0290938_2482628.jpg
a0290938_2485524.jpg
a0290938_2491914.jpg


ベルロックは、トレイルを登っていよいよベルロックへと言う場所で、時間が
ないので諦めました。でもあとで調べてみると、滑落死亡事故があったり、登るのは
出来ても岩が滑るので下りられなくて救護隊を呼んで数百万!と言うニュースを
見てびっくり。でも登る途中で出会ったアメリカン達に聞いたら
「Pretty easy!!」めっちゃ簡単よ~なんて言ってましたが。。。
ホテルの人に聞いたらベルロックは皆何かしらのパワーを感じていると
強くおすすめされましたが、ここも特にボルテックスは何も感じない...。

岩の間に建てられたホーリークロス教会にも行きました。地上60メートル上の
アリゾナのレッドロックに自然と溶け込んでいる教会。1956年完成の地元の
芸術家によるデザインだそうで、アメリカの建築家協会の受賞もしているそうです。
ここも駐車場待ちで長ーい列でした。

a0290938_244883.jpg


a0290938_253992.jpg


そして3番目のボルテックス、カセドラルロックへ。大聖堂と言う意味だそうで
その大きさはもう圧巻。カメラにとても入りません。駐車場もいっぱいで
停められなく、3回戻ってきてようやくとめたのですが岩に近すぎでその良さが
良く分からなったので、次の日に少し遠い所へまわって川越しに見ることに。
ここでも、何も感じず。

a0290938_2201145.jpg


最後に向かったのが少し中心街より離れている、ボイントンキャニオン。
曇り空ですーしだけみぞれのようなものもチラチラ。
でも何故か、ここのトレイルは足が進みます。何かが違うのです。
次女と、私、ビビッと来る場所へ少しトレイルからそれて入ってみると、
手がビリビリ痺れているのがわかります。あきらかに他とは違う場所でした。
次女は特に手が動かない~と言って、かなりパワーを感じたそうです。
木々や草も、ボルテックスのパワーでねじれています。

a0290938_6422896.jpg

a0290938_6425512.jpg
a0290938_6432837.jpg
a0290938_6435480.jpg


小雨も降って来たので、30分トレイルし、駐車場へ。すると、長身の男性が
近づいて来て、長女と次女に「For you」と言ってポケットをがさごそして
何かを手に持たせてくれたのです。

a0290938_6461527.jpg


なんと、セドナのレッドロックで作った❤!!
子供達の後ろから、なに?なに?と覗き込んでいた私にもくれました!
後に、グーグル先生にきいてみたところボイントンキャニオンでは大変
有名な「ハートおじさん」だと言う事が分かりました。
なんでも、お天気のよい時にふらっとこのキャニオンに現れて、石をくれるそうで
出会ったら本当にラッキーだそうです。何の予備知識もない私たちは
何も知らなくて、いつもなら警戒する子供達も何故かフレンドリーに。
こんなお天気のあまり良くない日に会えるなんて、本当にラッキーでした。
スターバックスのナプキンに包んで大事に持ち帰ります。

ハートおじさん、ありがとう。次お会い出来たら、自慢のフルート聞きたいな。
by cofc-hs | 2015-11-27 13:30 | お出かけ

Sedona セドナへの旅行~

サンクスギビングホリデーで、スピリチュアルな町、アリゾナ州セドナへ
行って来ました。5日間と言う強行スケジュール。
北米に住んでいるうちから、片道875マイル(1400キロ!!)で
東京~鹿児島間の距離に相当します。もちろん1日で行くのは無理で
夕方4時に出発し、1/3くらい走った町で1泊。そこに到着するのも
フリーウェイの渋滞もあって、5時間半かかってしまった。

次の日は朝6時半にホテルを出て、セドナに着いたのはなんと・・・・

夜の6時半!!!!12時間かかっております。

a0290938_2231848.jpg


砂漠の中の単調でどこまでも続くまっすぐなフリーウェイ。制限速度は75マイル。
最低120キロなので、みな85マイルくらいでビュンビュン走って追い越して行きます。
こういう道を何時間もえんえんと走るので、睡魔が襲ってきます。

a0290938_226844.jpg

a0290938_3211561.jpg


途中、映画「Cars」のモデルになった小さな小さな町「Serigman(セリグマン)」
に立ち寄りました。あの有名なルート66です。
が、26日のサンクスギビング当日なのでお店はほとんど
閉まっていて、観光客も私たちだけ!?しーーんと静まりかえっています。
小さなBarの前ではカウボーイハットの男性が二人、ビールを飲んでいます。

こ、コワカッタ。

a0290938_2303579.jpg
a0290938_231716.jpg

a0290938_2443616.jpg

唯一開いていたお土産やさんでマグネットを購入し、フリーウェイへ。

a0290938_2324220.jpg


Arizonaです。まだまだ進みます。

a0290938_234898.jpg

a0290938_241994.jpg

a0290938_3202854.jpg


ガソリンも何度入れた事でしょう。セドナに着いた頃には日も沈んで真っ暗。
途中、私も2時間ほど運転したけど、スピードが速くてトラックが多いので
坂道ではトラックを追い越さないといけないので、車線変更がしょっちゅう。
クルーズ運転(スピードを75マイルに設定すればアクセルを踏まなくても
そのまま走行してくれる)で足元は楽なんだけど、常に追い越さないと
いけないので、ゆっくり運転なんて気分じゃなかった。

a0290938_2415398.jpg

a0290938_2422993.jpg
a0290938_2425184.jpg


暗くなって、ますます運転するのがこわい~。道端には雪が残っています。
7時前くらいにやっと到着。最後すごい山道をグネグネと下りすっかり気分も
悪くなったところでセドナです(笑)。真っ暗で岩のシルエットしかみえない。

せっかくのサンクスギビングなので今晩は美味しい食事をと予定していた
レストランはホリデーのため閉まっているとネットで見て、どこにしようかと
思っていたら、なんとそのレストランが開いている!!!
でもすっごい人!外でいっぱい待ってる~、地元で人気な上に唯一
開いていると言う事もあってすごい人です。とりあえず走る私。
中で聞いたら約1時間待ちと言う事で、待つことに。電話番号を言って
ホテルで待つことにしました。そして、ふと目の前をみるとホテルの看板が。
「あれ、ここ今晩泊まるホテル?」なんとレストランの道を挟んで目の前の
場所だったので、これも驚き!セドナは招かれた人しかたどり着けないと
聞いていたので、これは招かれたんだー!と勝手に盛り上がってました。

a0290938_2533174.jpg
a0290938_2535781.jpg
a0290938_2543624.jpg

a0290938_3183636.jpg


泊まったホテルは、「オーチャーズイン」。モーテルのように部屋の前に車を
停めます。いつも価格お安い「~イン」シリーズ。
今回は、部屋が最高だった!ホテルの中でも一番大きくて眺めのいい角部屋の
2階!!予約の時に「結婚記念日の月なので、広い部屋を」とリクエストしていた
のが良かったみたいです。実際結婚記念日は月初めだったので、
うんと過ぎていたのだけれど。。何でも言わないと損するアメリカ。
暖炉が最高です。ミニキッチンと洗面台もバスルームと別になってる!!
これで1泊$200しません!アメリカのホテルは1人いくらではなく、1室いくら
なので、本当に安く泊まれるので嬉しい!こういうホテルは朝食も付いてます。
コーヒー、紅茶、ボトルウオーターもフロントでいつでも無料。

そうこうしてるうちにすぐにレストランから電話が。
向かいなので歩いて3分!

レストランは「COWBOY CLUB」と言うアリゾナらしい名前です。

a0290938_35078.jpg

a0290938_352873.jpg

a0290938_319849.jpg

a0290938_3193630.jpg


前菜にサービスでドングリ出てきました。ちょっと苦かったけど栗みたいです。
頼んでみたかった、アリゾナのサンプラー。
バッファローの肉、サボテンのフライ、ガラガラヘビのソーセージ!!!
バッファロー、赤身で美味しい、蛇ソーセージは普通にソーセージ。
サボテンはちょっと酸っぱかったけど、普通の野菜の揚げ物。
皆それぞれメインを注文したけど、一番おいしかったのは、バッファローの
シチューでした!12時間煮込んでいるそうで、ホロホロでした。
他は特に普通のレストランと変わらなかったかな~。

もうぐったりだったので、あまり記憶のない私たち。
続きはまた明日。
by cofc-hs | 2015-11-25 16:13 | お出かけ

映画

映画を観てきました。

「LEGO Movie」レゴムービーです。

次女は2回目です。
良く出来ております。最後のオチがとても面白かったです。
LEGOを買いに行きたくなります。すごい洗脳されている。。。

日本では3月に観られますね。アメリカでいいのは映画が日本より
早く観れる事。でも日米同時の時もありますね。
残念なのはもちろんですが、英語のみ。字幕もありません・・・・。
なので、ストーリーのすべてを知ることは不可能です。
そして、日本と違う大きなところは観ている人たちのリアクションの大きい事!
笑うところは声をあげて笑う、感情のままリアクションします。
しかし、英語もアメリカンジョークも理解出来ないわたしたちは、ぽかーん。
まぁ、大体の流れを映像で想像できればそれでいいのだけど。

そして、値段が安いのです。
劇場によっても違うそうですが、いつも行くところは大人$8、子供$5です。
(3Dだと少し高くなります。)
最新の映画をこの値段で見られるので、多少・・・・・いえ、
ほとんどの内容が理解出来なくてもいいとしよう。

ディズニーの「Frozen」(アナと雪の女王)も昨年観ましたが、素敵な内容の映画でした★

a0290938_8431152.jpg

by cofc-hs | 2014-02-23 08:31 | お出かけ

プリクラ

サンフランシスコの日本領事館へ書類をもらうために行きました。

ついでにジャパンセンターへ寄り、KINOKUNIYAで本を買い込み
NIJIYAで食料品も買い、帰ろうとしたその時、子供たちが見つけてしまった。



「プリクラ------!!!!」


日本のプリクラがあるよと聞いてはいたものの、あえてそのことには触れず
毎回素通り出来ていたけれど、見つかってしまった。

しょうがない。
特に中学になる娘は日本からのメールでプリクラを送られることが多く
常に「いいなぁ~」の連呼。

最新のプリクラは時間がかかってしょうがないですよね~。
日本と違うのは、支払いはカウンターで前払い。
いくらでしょうか・・・。

はい、

$12!

たっかーーーーー!

今、日本だといくらですか???

a0290938_8255851.jpg


a0290938_8261920.jpg
a0290938_826425.jpg

by cofc-hs | 2014-02-15 10:18 | お出かけ

Thanksgiving Holiday

毎年、11月4週目の木曜日にやってくるThanksgiving Holiday。

この週は学校が1週間お休みになります。

皆、普段なかなか会えない家族や友人が集まって持ち回りでターキーを焼いて
再会の食事会を楽しむそうです。

駐在の私たちは、そういう事もないので旦那くんが1年の内唯一連休がとれるこのホリデーに
旅行へ出かけます。
大体、11月のこのThanksgiving Holidayか、12月のChristmas Holidayの
どちらかに5連休ほど(この1回だけですよ!連休!)取らせてもらい大きな旅行と言うのが
定番ですが、12月にはどうしても行きたかったサンフランシスコバレエ団の
「The Nutcracker」を観に行くので今年は、プチ旅行にしました。

と言うわけで、Montereyに行って来ました。
モントレーはサンフランシスコから少し南に下がった太平洋に突き出た半島。
うちから車で3時間半ちょっとかかりました~。
アメリカはどこへ行くのも本当に時間がかかるので、2、3時間なら「近い!!」と
思えるようになってしまった・・・。

a0290938_5132212.jpg
a0290938_5134056.jpg
a0290938_5135269.jpg


Fisherman's Wharf in Monterey!

サンフランシスコのを小さくギュギュっとコンパクトにした感じでとてもまわりやすくて
これは良かった!野生のアシカ?もいっぱい。

何より、港町に来たからには絶対に食べなくてはいけない

a0290938_524133.jpg
a0290938_5241761.jpg


クラムチャウダーと牡蠣!オイスターバーを見つけてそこでクラムチャウダーのサンプルを
もらい味を確かめてから入ります。子供達に牡蠣を食べられないようにスープで
お腹いっぱい作戦もし、今回はたくさん食べることに成功!新鮮で歯ごたえがあって
日本の牡蠣より小ぶりで美味しかったです~^^

その後は、水族館へ行き1泊し次の日は
世界中のゴルファー憧れ、世界NO.1ランキングコースの
「Pebble Beach」を通りぬける「17マイルドライブ」を走りました。
全米オープンが開催されている場所でも有名。旦那くんも、いつかはここで
ゴルフをしてみたいと言っておりましたが、そんな日は来るのでしょうか。

a0290938_5373135.jpg

a0290938_5375572.jpg


前後していまいましたが、その前に半島の先にあるパシフィックグローブに
モナーク蝶(オオカバマダラ)が越冬に数千匹やって来る有名な場所が
あると聞き、そこにも寄りました。

この蝶は、何世代にも渡ってカナダの方からアメリカ大陸を縦断する
珍しい蝶で、何故この場所へ越冬しにくるか未だに解明されていないそうです。
「奇跡の地球物語」などでも取り上げられたそうです。
私たちが行った時は近くでは数千匹見られなかったけど、遠くの枝に
気持ち悪いほど群がってぶら下がっている蝶を発見!双眼鏡をもっていたので
その姿を見れましたがかなり絵的にも気持ち悪かった~。

a0290938_5454296.jpg


この↑中のどこかに、1匹だけ羽を広げたのが写っています・・・。よぉ~く見てみてください。

その後は、Carmel の街へ。人口4000人ほどの小さな街ですが年間800万人ほどの
観光客が訪れます。
かつて、クリントイーストウッドが市長を務めた事でも有名です。
スペインの統治にあった街並みが美しく、アメリカであることを忘れるような
不思議な感じになりました。
道路には信号がなく、ポストなどもありません、今でもその景観を守るため
厳しいルールがあるそうです。

a0290938_5555490.jpg
a0290938_5561299.jpg

a0290938_6244699.jpg

a0290938_625119.jpg

a0290938_6251594.jpg


↓チーズ専門店でサンプルをもらい、それに合うワインを買う旦那くん。
ワインも大変有名です。
a0290938_626832.jpg

a0290938_6262525.jpg

a0290938_6263943.jpg


それと、偶然にも次女が今現地校で作っているプロジェクト。
「Father of Serra Mission」。
スペインが支配していた時代にセラ神父によってつくられたカソリック教会です。
あぁ、大変でした。先日宿題でこの成り立ちの本を解読し、文章を書いていく課題が
あったばかり。その本には、布教活動をしカソリックを広めることで
スペインからの移民たちが、現地インディアン達の土地で暮らしやすくするために
教会を建てた、と言う感じの事が書いてありました。(間違いがあるかも・・・)

でも生憎、Holidayなのでお休み。中には入れずでした。

a0290938_682874.jpg

a0290938_684529.jpg

a0290938_69828.jpg


そして、夕方はサンホゼへ。
お決まりの牛角で焼き肉を食べ、モーテルで泊まりKINOKUNIYAで高い高いマンガを
買わされ、インテル博物館へ寄って、帰宅。

全く時間が足りず、もっとゆっくり散策したかったー。
春には海岸に芝さくら?が咲いてピンクに染まるそうです。
またその頃に。

a0290938_621398.jpg

by cofc-hs | 2013-11-27 13:59 | お出かけ

Trunk or Treat

タイトルの

「Trunk or Treat」

そう、「Trick」ではなく「Trunk」
車の「トランク」の意味。
次女の学校の友達が「近くの教会でイベントがあるよ!」と
誘ってくれたので一緒に行ってきました。

a0290938_353424.jpg
a0290938_354727.jpg


100台はあるでしょうか、教会駐車場にずらりと並んだDECORATED CARS!!
それぞれの車にはテーマがあって、トランクにお菓子が沢山。
子供達はラインになって、車を回ります。

a0290938_393693.jpg
a0290938_39587.jpg


凝ってます。

しかもこれ皆さん、
Volunteerなのです。

駐車場の隣にある広大な敷地では様々なイベントが!

お友達のママさん(永住日本人)が

「せっかくアメリカに来てるんだからこれだけは体験してほしい!」

と一押しの、「HAY RIDE」。HAY(藁)を敷き詰めたトラクターに乗る事。

a0290938_3141454.jpg


ちょっとおしりがチクチクしたけど、陽気なおじさんの運転で、
アメリカ~を感じた瞬間でした。

他には「PUMPKIN PATCH」 です。
これは、ばらまかれたカボチャの中から好きなものを選んで持ち帰るもの。
これも、有名でシーズンになるとあちこちの畑でやっています。
もちろん、普通は買い取りますが今回のこのイベントは教会主催なので
子供$3の入場料だけで、あとは全てFreeなのです。


a0290938_3201944.jpg
a0290938_3204771.jpg


色んな経験をして「経験値」がUP↑しておりますww
by cofc-hs | 2013-10-26 14:00 | お出かけ

Birthday Party ♪

娘たちの友達の誕生日パーティーに、姉妹揃ってお出かけ。

a0290938_45791.jpg


アメリカの子供たちの誕生日会は盛大です。大体、低学年は施設を貸し切ってのパーティー。
それも、様々なお店で誕生日パーティーを催してくれるオプションがあります。
プール、雑貨店、植物園にペットショップなど・・・。
前回、次女が現地校の同じクラスの子供の誕生日に招待してもらった時は、
爬虫類専門のペットショップのようなところで、色んなショーを見せてもらいました。
規模が大きい分、お値段も大きい・・・。

低学年のうちはその会場に送り、親も一緒と言う事が多いですね。
高学年になると、その様子は少し違ってきて
自宅での「誕生日会」&「Sleep Over(お泊り会)」が多いです。


今回の会場は 空気で膨らませた遊具が大きな体育館ほどのスペースにぎっしりあって、
そこを貸し切って(2時間)遊んだあとは個室スペースで、みなでケーキを食べたり
ピザを食べたり、プレゼントを開けたりします。
会場専用のお姉さんとお兄さんが全て仕切ってくれるので、安心ですね。
でも、ホスト役に両親たちも大忙し!
英語が堪能でないとせっかくのゲストを退屈させてしまいます。


「プレゼントはなしで」と招待カードに書いてありますが、当日は皆大きな
プレゼントを持って来ますので、素直にそのまま持って行かなくても全く嫌な顔は
されませんが、ちょっと子供達は嫌かもしれないので、出かける時は用意すべし!

a0290938_442594.jpg
a0290938_444277.jpg


「こんなところで、誕生日会してほしい~」
呼ばれるばかりでお呼びすることはなく、開催となると「英語」と言う壁が立ちはだかります。


うーむ。

日本だったら・・・と思う事ばかり。

a0290938_4114733.jpg
a0290938_412377.jpg

by cofc-hs | 2013-09-15 09:38 | お出かけ

NAPA VALLEY

ナパバレー。

カリフォルニアワインの代名詞となっている産地で、サンフランシスコの北東に位置しています。
今やフランスワインと肩を並べるくらい有名です。
あの日本でも大人気の「Opus One 」のワイナリーも。

今日は、会社の方の計らいで娘を預かって頂いて、5人でリモ(リムジンサービス)にてワイナリー見学に。
リモは、普通のタクシーよりもリッチな雰囲気を楽しめるハイヤー送迎サービスです。
8人乗りの大型SUV車でのお出迎え。もちろん、お値段もBIGですが皆で割り勘。
黒服スーツの運転手さんが迎えに来てくれ、水やシャンパンのサービスも。
特別な免許がないと、このリモは運転出来ないと話してくれました。車内もピカピカでサービスも最高です。
女性が車から降りるときは、さっと手を出してくれます。

なので、今日は思う存分旦那さんたちも飲めると言うわけです。

a0290938_3191317.jpg


ブドウ畑が一面に広がっておりま~す。
遠くに長い白のリムジンが写っています。見えますか?
アメリカだし、みんなラフな格好で気軽に来ているとおもいきや、こんなリムジンが何台も乗り付けて
とってもドレッシーで、みんなお洒落にしてるのに驚きました!男性も襟付きのシャツ。

a0290938_3213190.jpg

シャンドンのワイナリーツアー。
フランス・シャンパーニュ地方の名門モエ・エ・シャンドン社がナパで 展開する
スパークリングワインで有名なワイナリー、もちろん事前予約が必要です。

ツアーはもちろん英語です。さっぱり分かりません。後で、英語の分かる方に教えて頂きました。
ワイナリー見学をして・・・
a0290938_3252949.jpg
a0290938_325586.jpg


最後にテイスティング!
まるで映画のシーンのような美しいお庭で、20人くらいでテーブルを囲んで頂きます。
私の目の前にきれいなお姉さんたち4人組がドレスを着て美味しそうにテイスティング。
それに緊張してしまった。

a0290938_3274939.jpg
a0290938_328731.jpg
a0290938_3282577.jpg

a0290938_4432430.jpg


シャンパンも美味しかったですが、目の前のお姉さんたちに見とれてしまった。
変な日本人ですいません。

このワイングラス、お土産でもらえます^^一つだけ。

天気も最高で、シャンパンもそうですがこの雰囲気にツアー代金を支払う価値が十分にあります。
このワイナリー、敷地内にミシュラン★に輝いたレストランを併設してあります。
そこで、ランチを頂きました。

a0290938_3331445.jpg
a0290938_3333999.jpg
a0290938_3335797.jpg
a0290938_3341488.jpg

a0290938_443479.jpg


5人でシェアしたのですが、美味しいです確かに。。。でもすみません味がよく分かりません。
材料もいったい何なのか・・・。普通のレストランとは違うのがサービスからもよく分かります。
雰囲気も本当に素晴らしく、シャンパンももちろん美味しい。
庶民ですね、どこに行っても。

次は、

a0290938_3381265.jpg
a0290938_3382942.jpg


「Opus One 」です!
オーパスワンは、カリフォルニアとボルドーのワイン界を代表する二人が共同で
立ち上げたワイナリーなので、アメリカとフランスの国旗が掲げられていますね。

ここに入るだけでも、入場料金かかります。
そして驚きが、ワインのテイスティング。
なんと1杯$40!
でも1本が日本で買うと3万くらいしてますね。
もちろん、旦那くんとシェア。震える手で、初のオーパスワン!

ゴクリ・・・。

これは、なんでしょうかワイン独特のしぶみ、にがみ、えぐみが一切なく
まろやかでフルーティーで上品で、言葉のボキャブラリーが少ないので
上手く表現出来ず申し訳ないですが、今まで飲んだワインの中で一番です!
欲しい!!!

でも高い!

流石に高いので買いませんでした。もったいない。

a0290938_3455916.jpg
a0290938_3462162.jpg


ロバードモンダヴィのツアーにも参加し、帰りの車の中でもシャンドンを頂き
フラフラです。

ぶどう畑の緑がきれいで、一番いい季節ではないでしょうか。
ワインももちろん美味しいのですが、少し贅沢をして雰囲気も全て含めた価値があります。
プライスレスですね。
by cofc-hs | 2013-07-20 11:07 | お出かけ

Antique Fair

月に1度、開催されるアンティークフェアがあると聞いて、出かけてきました!

高架下で行われているフリーマーケットの感じです。
が、大きく日本のフリマと違うのは、「アンティーク」なのです。
雑貨好きにはたまらない古いアメリカのコーラや薬びん、家具に看板、
ありとあらゆるものが集まっていました!

日本でも大人気の、オールドパイレックス(Pylex)、ファイヤーキング(Fire King)がずらり!

a0290938_28275.jpg


お値段は、カップで1つ$6くらい。
安い!

こちらは、私も集めてみたいと思っているキャンドルウィック(Candlewick)
かわいい!でもこちらは高め。1970年代の小さいプレートでも$20のお値段!

a0290938_2143148.jpg


結局、大物は買わずビンテージの古いガラスボタンと新しい?であろうリネンのキッチンバッグを
買ってかえりました。

a0290938_2164174.jpg


100店舗以上出ていたと思います。
古い家具や鍵・・・・どれを見ても飛びつきたくなります。

「どうか欲しいものがありませんように!」
と逆にそう言いながらまわりました。

西海岸は日本人がファイヤーキングなどの古い食器を買い占めているので
値段も高くなってしまって、数も少ないと聞きました。
東にいけば沢山残っているそうです(苦笑)。

a0290938_2195081.jpg
a0290938_220277.jpg

by cofc-hs | 2013-07-15 11:01 | お出かけ