人気ブログランキング |

カテゴリ:生活( 81 )

I LOVE SPAIN!


同じESLの同じクラスにスペイン北部、ジローナからの女性が
います。偶然にも彼女が住んでいる家は私の裏通り、しかもその家は
以前に前任者が借りていた家。なので何度かお邪魔したこともあって、
娘たちの年齢もほぼ同じで、ご主人の仕事の関係で5年間だけ駐在予定と
言うのも同じ。そんなこんなで仲良くさせてもらってます。

冬休みにスペインに3週間ほど帰省していて、その時のお土産をもらいました!
以前にスペインが誇る建築家のガウディが好きだと話したことがあって、しっかりそれを
覚えててくれてたみたいです。卓上カレンダーは私が行ったことのあるガウディの
建物!!

今から、はるか昔の学生時代、「ヨーロッパ各地へ研修旅行3週間」へどうしても
行きたかったわたし。親に「成人式の着物はいらないから旅行へ行かせて!!」と
懇願し、成人式には出ず、念願のスペイン、スイス、フランス、イタリアへ。
その中でも、いえ今までの4〇歳までの旅行の中で唯一もう一度絶対に行ってみたい
場所が「スペイン」なのです。
イタリアも良かったけど、スペインの風土、建築、お店、食べ物、人柄全てにおいて
大満足しました。当時怖いもの知らずの無知な私は、道で声をかけてきた
怪しいオヤジに着いて行き、カフェでコーヒーをごちそうしてもらい、友達の皮製品の
小さな小さな工房へ案内され、何も買わずにサヨナラした思い出や、バスの中に
置き忘れたカメラが盗まれるなど悪いこともあったけど、薄暗いピカソ美術館や、
そびえ立つガウディの教会の前で圧倒され言葉を失った事を思い出します。

彼女の家はカタルーニャ地方のジローナだけれどバルセロナまでは
車で30分らしいです。今、独立国を目指してますね。

絶対に、彼女を訪ねてスペインにまた行ってみたい~

a0290938_625513.jpg



a0290938_625314.jpg
a0290938_625507.jpg

by cofc-hs | 2016-01-21 06:04 | 生活

アメリカのメイク落とし

アメリカの女性はお化粧を落とすときは、拭き取るタイプのウエットティッシュか
クリームを使っていて、日本の薬局に安く売ってるようなお風呂で使える
クレンジングがない。ごしごし洗いたい!拭くのいやだ!

なので、いつも日系スーパーで高いけれど日本のを買ってました。(日本の倍価格)
昨年アマゾンで色々調べてレビューを読んで見つけたのが、ニュートロジーナの
クレンジングです。アマゾンで$7くらいなので安く買える!
そして何より、この乾燥地帯のカリフォルニアで洗顔後に全くつっぱりがなく
しっとりすると言うのが気に入って、ずっとこれを使ってます。
日本でも販売されているのかちょっと分かりませんがおススメです。

a0290938_638147.jpg

by cofc-hs | 2016-01-18 06:28 | 生活


2016年、明けましておめでとうございます。
今年の冬はいつのように雨が良く降っているカリフォルニア。
大干ばつで非常事態の今、本当に恵みのシャワーです。

昨年末、大掃除をしまして要らなくなった服や小物がいっぱい。
そこで近くにあるリサイクルショップ、グッドウィルにドネイションしてきました!
「寄付」大国のアメリカ。
グッドウィルはリサイクルショップではアメリカ最大手。どこにでもあります。
誰でもなんでも(多分、食品や薬以外)寄付出来ます。何でも引き取ってくれます。

a0290938_2183368.jpg


大体、お店の裏に回ると寄付専用の入り口があってそこに車を横付けすると
中からお店の人が出てきて回収してくます。
あくまでも「寄付」なので、買い取りなどはしてくれません。ただ、寄付をすると
税金控除があるので、その申請の為のレシートはもらえます。
今回、私が寄付したのは子供服、大人服を大きなごみ袋に詰め詰めにして4袋、
クリスマスツリー、CDプレイヤー、バッグや小物段ボール2箱、本DVDなどなど。。。
壊れていようが汚れていようが、そんなものいちいちチェックなんてしません~。

そうやって寄付された品を大変お安い価格で販売しています。
その雇用システムも特徴的で、ハンデのある方やホームレス、移民の人で
なかなか仕事に就けない人などに斡旋し雇用しています。
「寄付」「社会貢献」と皆がハッピーになれる素晴らしいシステムです。

お店の中も綺麗に陳列されていて大変見やすいです。特にオススメなのは
食器コーナーです。ビンテージのオールドパイレックスやファイヤーキングなど
タイミングが良ければ見つけられます。お値段も$4ほど。
服はちょっと買う気にはなれないけれど、食器コーナーの楽しい事!
ハンター気分が味わえる楽しいお店です♪

日本でも是非取り入れてほしいシステムですね。

ファイヤーキングなど↓

a0290938_2301533.jpg
a0290938_2302819.jpg
a0290938_230443.jpg

by cofc-hs | 2016-01-05 02:09 | 生活

Limited Edition


限定商品

冬になると毎年出てくる、色んな限定商品。
買わずにはいられない。

a0290938_2551816.jpg
a0290938_2553750.jpg
a0290938_2555850.jpg
a0290938_2561857.jpg
a0290938_2563466.jpg
a0290938_2565957.jpg



このクリームパフ、一口サイズのシューアイスなのですが甘くなくて美味しい!
普段はホイップクリームアイスが入ってます。
クリスマスバージョンはエッグノッグのカスタード風味です。

これからジップロックコンテナなどのタッパ類もクリスマスバージョンが
沢山出てきます♪
by cofc-hs | 2015-11-03 08:53 | 生活

DVDが安いアメリカ


翻訳代金が含まれていないので、当然と言えば当然かもしれないけど、
非常に安く映画のDVDが購入出来ます。なので気に入った映画は
いつもアマゾンでお買い上げ。大体$15くらいで新作が買えます。
でも、これも当然ですが、日本語字幕がありません。
中には英語字幕もなし!なんて言う酷なDVDも。日本語字幕がない分
英語字幕で一時停止をしながら辞書を片手に、あるいは娘を片側に(笑)
置いて観ています。映画も$7前後で観れるのでアメリカへ来てから
すっかり洋画好きになってしまいました。

で、最近買ったDVDがこの二つ。

a0290938_3475117.jpg


THE GOOD LIE
MCFARLAND USA

二つ目の映画は少し前のブログで紹介していますので見てくださいね。

一つ目の「THE GOOD LIE」。
これは何度見てもグッときます。
1983年アフリカ、スーダンで内戦が始まり、
数万人の子供たちが両親兄弟の命、村や住む家までも奪われ
その多くが孤児となりました。その子供達は「ロストボーイズ」と呼ばれ、
2000年に入って、アメリカとスーダンがお互い協力し
ケニアやエチオピアの難民キャンプで育った3600人の若者たちを
全米各地に移住させる計画を実施。
アフリカからアメリカへやって来た若者達が仕事をしながらアメリカの
文化を受け入れ生活していくストーリー。前半はスーダンでの物語、
後半はアメリカでの生活、そしてラストシーンでの「やさしい嘘」でも号泣。
出演している4人は実際のスーダンからの難民で、そのうち二人は
少年兵だった過去もあります。

景色も美しく、非常にいい映画なのにあまり日本では宣伝されていないのかな。
11月にはDVDも出るそうなので、是非見て頂きたい一つです。
by cofc-hs | 2015-10-18 03:41 | 生活


今日は、ESLで仲良くしていたレティがメキシコ料理を教えてくれると
言うので、お家へお邪魔しました。
在米10年以上、メキシコから仕事を求めアメリカへ移住してきている
メキシカンは大勢。決して経済的に余裕のある家庭ではなく、
市から子供達のスクールランチの助成を受けているほど。
そんなレティ、午前中はESLで英語の勉強、午後は孫をプリスクールへ
迎えに行き世話をして、夕飯の支度を終え午後4時から午前12時まで
清掃の仕事へ。そんな忙しい毎日の中、時間をつくってくれて本当に
感謝してます。

最初に作ったのがメキシコの伝統料理、Pozoleと言うジャイアントコーン
が入ったスープ。スープは鶏肉と、玉ねぎ、オレガノ、ローリエを煮込んで
用意してくれていました。

a0290938_1311772.jpg

a0290938_1333328.jpg
a0290938_1335332.jpg


本来は赤い色のスープだそうです。ただ、レティが作るのはこのグリーンの
もので、ほうれん草、シアントロー(パクチー)、にんにく、などを
ミキサーにかけてそれをスープに入れます。その後で、ジャイアントコーン、
スープに使った鶏肉をいれて煮込みます。鮮やかなカラーとその爽やかな
味!ジャイアントコーンのもちもち感が最高でした。

そのスープを作っている間にもなんと手際のいいことでしょうか、
写真を撮っている間に次々と5種類のディップソースを作ってしまいました。

a0290938_139770.jpg
a0290938_1392554.jpg
a0290938_1394090.jpg
a0290938_140413.jpg


とうがらしも、同じようにみえるけど種類の違う物を炒って、グリーントマトと
ハラペーニョを水煮してグリーンのソースに。赤いソースは普通のトマトと
これまたハラペーニヨを水煮して、ライムや塩だけで味付けしただけ。

そして感動したのはコレ!

a0290938_1424932.jpg

a0290938_146195.jpg


メキシコから持って来た土鍋で豆をぐつぐつ炊いてくれていました!
金時豆の感じですが、甘くなく薄い塩味のみ。蓋からたまに沸々と
中の水分が吹きこぼれております。ふっくらお豆、いつもメキシカンファースト
フードで食べる豆とは全くちがいます~。かなりかわいいこの土鍋。
本気で欲しイ・・・。

そしてタコスの中身の肉を炒めたり、付け合せの野菜を切って
あっという間に2時間半経過。毎日、食事の準備をするのに3時間
かかると言ってました。簡単そうで実はとっても手間のかかる料理
なのですね。

a0290938_1522944.jpg

a0290938_1525990.jpg
a0290938_153278.jpg
a0290938_1534442.jpg



これも美味しかった!トルティーヤをフライパンで焼いてマッシュポテトを
挟みます。半分に折って両面パリパリに焼いた後、レタスとチーズ、
お好みのソースを入れて食べます。ホクホク、皮はパリパリ!おやつにも
出来きそう~^^

a0290938_156203.jpg


3種類のタコスも完成~。今まで食べていたものは何だったのか。
やはりソースが決め手ですね。お皿に乗っているラディッシュと玉ねぎは
タコスを食べながらかじるそうです。お口がさっぱりします。
でも本場メキシコではあまりタコスは普段は食べないと言っていました。
何かのお祝いの時とかに食べるそうです。普段はとても質素な食事だそうで
今回、苦しい家計の中から沢山のお肉やカニータ(豚ブロックをホロホロに
なるまで煮込んだ料理、こちらは時間の都合上メキシカンストアで購入
してくれたそうです)など材料いっぱい使わせてしまった。
材料費を払うと言っても大丈夫!って。なんだか申し訳なくて何かお礼を
考えています。

ありがとうレティ!!
by cofc-hs | 2015-10-14 15:21 | 生活

アメリカのサーモン


昨晩、うちの旦那さんが大きな段ボールを抱えて帰宅。
中身を見ると、昨日釣ったばかりのサーモン!!!
会社の方が釣って来たそうで、新鮮!お刺身でも食べれるとのことで
大丈夫かなぁと思いつつ切り身も新鮮そうなので、少しだけお刺身に。

a0290938_1345526.jpg


向って左はスーパーで買った養殖のサーモン。右が今回のサーモン。

うむ、ワイルドな味。

筋子も入れてくれてて、早速ネットで検索しいくらの醤油漬けを。
目の粗い金網にこすりつけて、ぬるま湯で洗う。うふむふむ。
とれるとれる、ぽろぽろと。これは楽しい。
切り身は塩麹に漬けて、焼き魚に。

a0290938_13678.jpg

a0290938_1363699.jpg


残ったのはコレ!


a0290938_137068.jpg


こ、コワイ...(;一_一)

にらみ合って数分、格闘しようと思ったものの出刃包丁もなく
大変危険な作業となるので諦めました。ショボン(;O;)
近くに大きな川があって、毎年鮭が遡上してきます。
その時期になると、特別なライセンスを持った人だけが2匹まで
釣る事が出来るそうです。
現地のアメリカン、身は食べるけどイクラは捨ててしまうそうです。
なんてもったいない~!
by cofc-hs | 2015-10-08 01:37 | 生活

アメリカンが思う事

6852

これはいったい何の数字でしょうか。


日本の島の数です。

次女が通う現地校の友達のお父さんから聞かれた質問。

「日本は島の数はいくつだい?」

「え~っ」当然答えられなかったー!本土の5つ?とか、まねけな
答えを言ってしまった。ごめんよ、お父さん。(しかもそのお父さん小学校の
校長なのに)

アメリカン達は日本をよく「アイランド」と言います。長年住んでて、「島」と言う
認識がなく「島」ではなく「国」だ!と言いたくなりますが、そうです「島」です。
でも彼らからすると世界のテクノロジーや車を産み出している日本へ
行ってみたいと思う人が非常に多く大変興味を
持っています。よく中国、韓国人と間違われるけど「日本人です」と言うと
皆が「おお~っ!JAPAN!」と目の色がキランと変わります。
ちょっと嬉しい♪
by cofc-hs | 2015-09-24 00:59 | 生活

男女平等な国 アメリカ


どうしても暮らしているとアメリカと日本のくらべっこをしてしまう。
「アメリカでは~」と言うつもりはないけれど不快な方は読むのを
控えてくださいまし。

男女平等が確立されているアメリカ。
これほどまでに女性が働きやすい国はないのではないかなと思うほど。
この夏、一時帰国で利用した(いつもだけど)ユナイテッドエアライン。
米系航空会社ですね。
CA さんも、おっちゃん、おばぁちゃん!?、体格もすごい、若い方は
少なめ。ピアスに、伸ばしっぱなしの髪、香水ぷんぷん。
その中でも、「んんっ??」と目を引いた一人の女性が。
なんと、

妊婦さん!


おそらく、8か月くらいだろうか、目立つ大きなお腹。しかも制服が
きちんとマタニティワンピース。もちろんユナイテッドのユニフォーム。
まさか、この飛行機に?
はい、乗ってました。聞くと、米系航空会社は9か月くらいまで普通に
空を飛べるそうです。少し前に日本で妊娠発覚後、解雇されたCAさんの
ニュースをみましたが、この違いは・・・・・。

こちらで知り合った永住の日本人の女性。ナースです。
妊娠7か月の時に病院へ仕事の面接に行ったそうです。

「あと2か月くらいでベイビーが生れるんですけど、大丈夫?」(彼女)

「もちろんよ!一体なんの問題が??」(病院側)

まぁナースと言う仕事柄、即戦力として必要とされていたのかも
しれませんが、それにしてもこの違いは。

テレビのニュースキャスターの女性も生まれる寸前までテレビ出てます。
生れたときは病院での赤ちゃんとの写真をバーーンと公開。

身体にハンディキャップのある方も色んなお店で働いてます。
手のない方、車いすの方、みなと同じように仕事してます。
サービスの質は別問題として....,
by cofc-hs | 2015-09-14 03:12 | 生活

たまご


今日、長女が遊びに行った先でもらった、たまご!
大きなバックヤードのあるお家で、ガーデン、プールあり、
そして鶏を飼っているそうで、1パックもらって帰ってきました。
ちゃんとオリジナルのラベルも貼ってあって、なんてユニークなんでしょうか!
早速、スタッフドエッグを作って頂きました!
友達のお母さんと話した時に、すごく英語が上手になってる!と言われ
上機嫌のワタシ♪

その友達とは不幸にもハイスクールが違うのですが、ハイスクールで
日本語を取っているそうで、まだ長女の事も忘れずにいてくれて嬉しい。
会うのも10か月ぶりくらいだったので、お互い緊張してましたがチェス対決
やゲームなんかもして楽しかった様子。これからも続いて欲しいな~。
a0290938_2231187.jpg
a0290938_2232647.jpg
a0290938_2233761.jpg

by cofc-hs | 2015-09-07 10:18 | 生活