アメリカの成績証明書と、在籍証明書


帰国時、夫が先に帰国し妻と子供が後から帰国のパターンでしんどかったこと...

山ほどあるけれど、これが一番だったかもしれない。

「成績証明書 Official Transcript」
「在籍証明書 Certificate of School Attendance」

この二つを現地校からもらって帰る事!

帰国時、特に長女は高校2年での編入ということもあって、在籍期間がとても重要。
また、将来大学や高校を受験する時もこの二つは必ず提出しないといけない。帰国してしまってからでは
取り寄せるのは困難を極めます。

長女のハイスクール、次女のミドルスクール、両方へメールを出しました。
帰国済みの夫はすでに激務の毎日。それに現地校のことはほとんど把握していない。

妻、やるしかないのです。

もちろん子供自身からも直接オフィスへ行って言わせますが、ここはアメリカ。
事務作業がそう簡単に進むわけがない。105.png
最初は、簡単に出してくれるだろうと考えていたのだけどメールで依頼するも、「在籍証明書」については
過去に書いたことがないから出来ないと、断られビックリ。148.png
何度もメールでやりとりし、しまいにはチョコレートを持参しオフィスへ出向き身振り手振りで交渉するも

「There is nothing we can do !」と、若干キレている様子。

お手上げです。チョコレート渡さず持って帰ってきましたよ118.png
でも時間もなく知人や、夫の上司に相談したら、
細かく日本の学校制度の事を電話で説明してくれ、在籍証明書の下書きまで作ってくれ、
それをメールに添付し、プリンシパルに届けてくれました!

そしたら.....
すんなりもらえました!

最初から、頼れば良かったのだけど、とにかく駐在の方は仕事で忙しく余計な仕事を作りたくなくて
極力自分でトライしてみたんですが、ダメだった120.png助けてもらえて本当に感謝です。

それと、日本の学校側から細かい内容まで指示されます。なので、念のために出来上がったものを
送信し、確認後何が抜けているなど、2度やり直しも入ったので、注意が必要!!

a0290938_16344967.jpg

[PR]
by cofc-hs | 2018-03-07 16:39 | 学校