Sedona~セドナの旅 2日目

セドナに着いて2日目の早朝(実質1日目)。サンライズを
どうしても見たい。眠い目をこすりながら、6時に起きてそのまま
化粧もせずに向かった先は、ボルテックスの1つであるエアポート・メサ。
サンライズ、サンセットどちらもきれいにセドナを360度見渡せることが
出来ます。
駐車場が10台くらいしか停められるスペースがないと聞いていたので
早めに行ったのでとめれましたが、日の出前にはズラリと路駐の列です。
寒くて寒くて毛布持参でしたがそれでもじっとしていたら凍えそうな気温です。

a0290938_2373829.jpg
a0290938_238989.jpg


着いた時は真っ暗でしたが、次第に明るくなって。。。
a0290938_6573519.jpg

a0290938_701874.jpg


レッドロックの赤い岩が照らされて美しい光景でした。
舗装などされていない赤い岩山を登ります。↓
特にボルテックスは感じず。

a0290938_2434837.jpg
a0290938_2442820.jpg

a0290938_6565586.jpg


その後はホテルへ戻り朝食後、残り3つのボルテックス巡りへ。

a0290938_2465691.jpg
a0290938_2471477.jpg
a0290938_2482628.jpg
a0290938_2485524.jpg
a0290938_2491914.jpg


ベルロックは、トレイルを登っていよいよベルロックへと言う場所で、時間が
ないので諦めました。でもあとで調べてみると、滑落死亡事故があったり、登るのは
出来ても岩が滑るので下りられなくて救護隊を呼んで数百万!と言うニュースを
見てびっくり。でも登る途中で出会ったアメリカン達に聞いたら
「Pretty easy!!」めっちゃ簡単よ~なんて言ってましたが。。。
ホテルの人に聞いたらベルロックは皆何かしらのパワーを感じていると
強くおすすめされましたが、ここも特にボルテックスは何も感じない...。

岩の間に建てられたホーリークロス教会にも行きました。地上60メートル上の
アリゾナのレッドロックに自然と溶け込んでいる教会。1956年完成の地元の
芸術家によるデザインだそうで、アメリカの建築家協会の受賞もしているそうです。
ここも駐車場待ちで長ーい列でした。

a0290938_244883.jpg


a0290938_253992.jpg


そして3番目のボルテックス、カセドラルロックへ。大聖堂と言う意味だそうで
その大きさはもう圧巻。カメラにとても入りません。駐車場もいっぱいで
停められなく、3回戻ってきてようやくとめたのですが岩に近すぎでその良さが
良く分からなったので、次の日に少し遠い所へまわって川越しに見ることに。
ここでも、何も感じず。

a0290938_2201145.jpg


最後に向かったのが少し中心街より離れている、ボイントンキャニオン。
曇り空ですーしだけみぞれのようなものもチラチラ。
でも何故か、ここのトレイルは足が進みます。何かが違うのです。
次女と、私、ビビッと来る場所へ少しトレイルからそれて入ってみると、
手がビリビリ痺れているのがわかります。あきらかに他とは違う場所でした。
次女は特に手が動かない~と言って、かなりパワーを感じたそうです。
木々や草も、ボルテックスのパワーでねじれています。

a0290938_6422896.jpg

a0290938_6425512.jpg
a0290938_6432837.jpg
a0290938_6435480.jpg


小雨も降って来たので、30分トレイルし、駐車場へ。すると、長身の男性が
近づいて来て、長女と次女に「For you」と言ってポケットをがさごそして
何かを手に持たせてくれたのです。

a0290938_6461527.jpg


なんと、セドナのレッドロックで作った❤!!
子供達の後ろから、なに?なに?と覗き込んでいた私にもくれました!
後に、グーグル先生にきいてみたところボイントンキャニオンでは大変
有名な「ハートおじさん」だと言う事が分かりました。
なんでも、お天気のよい時にふらっとこのキャニオンに現れて、石をくれるそうで
出会ったら本当にラッキーだそうです。何の予備知識もない私たちは
何も知らなくて、いつもなら警戒する子供達も何故かフレンドリーに。
こんなお天気のあまり良くない日に会えるなんて、本当にラッキーでした。
スターバックスのナプキンに包んで大事に持ち帰ります。

ハートおじさん、ありがとう。次お会い出来たら、自慢のフルート聞きたいな。
[PR]
by cofc-hs | 2015-11-27 13:30 | お出かけ