ESL

ENGLISH AS A SECOND LANGUAGE

略して、ESL.
英語を母国語 としていない人のための英語教育で、市主催のものや、大学、
地域のコミュニティや
教会など様々な場所で開催されています。

ついに、重い重い腰を上げ通う日がやってまいりました。
今回お世話になるのは、住んでいる州が開催しているESL。
1学期1月~5月までの5か月で$60、もし自分の子供がESLと同じ学区の
公立学校に通っている場合はなぜか半額の$30に!
しかも小さい赤ちゃんやまだ学校へ通っていない子供がいるお母さんの為に
Daycare(託児所)まで用意されています!なんとっFree!
少しの時間でも子供と離れ自分の時間が持て、勉強までできる!

さすが、移民大国のアメリカ。万人を受け入れる体制が整っています。

申し込みからクラス分けテスト全て一人で行って来ましたよ~。
月曜日~木曜日まで毎日で午前中のみ。
テストの結果、4レベルある3レベルからのスタート(4が一番上)。そう、読み書きが出来ても
話すのが出来ない。これが一番生活するうえでしんどい。聞き取りも無理。

授業初日、皆の自己紹介で始まり簡単な preposition(前置詞)の文章を練習したりなど、
日本人は私ともう一人、他はロシア、メキシコ、スペイン、韓国、イラン、ペルー、エチオピアなど
多国籍すぎます。そして、皆さんに共通しているのがとにかく喋る、喋って喋って喋ります。
私なんて勇気をだして発言・・・なーんてするスキもなく、みな発言して発言して、
先生の言ったあとにrepeatするときも、さながら大合唱のように(笑)なってました。
文法?めっちゃくちゃです。
英単語?書けない人が多く、辞書使ったり先生に聞いたりしてます。

なのに~

なぜそんなに喋れる?いや喋るのですか~。

どうしても、「通じなかったら」「間違えてたら」と言う気持ちが先走る日本人。
みなの目が気になる日本人。
失敗を恐れる、日本人。

渡米前に英語の先生が、

「度胸です」と言っていたのを思い出します。

アメリカにきて感じたのは、
だーれも、なーーーんにも気にしていないと言う事です。

そして、

「言ったもん勝ち」と言う事です。別に「勝つ」わけではありませんが(www)
言わないと損する事がほとんど。とにかく発言して、言ってみると、
だめだろうと思っていたことがスムーズに行く事が多いのです。
「えっ!?いいの!?」と言う感じで。

I do not care.の精神でどんどん喋っていきたいと思います!
[PR]
by cofc-hs | 2014-01-13 10:34 | 学校