忠誠の誓い

アメリカ国民なら誰もが言う事が出来る、



「Pledge 」。


アメリカの現地校では毎朝、放送と共にクラスに掲げてある、アメリカ国旗に向かい
胸に手を当て、国家への忠誠を宣誓します。


☆国旗規則により、忠誠の誓いは合衆国国旗に顔を向け、
右手を左胸の上に置き、起立して暗誦しなければならないと定められている。

~Wikiより


前にも記事に書きましたが、毎朝校内放送で誰か生徒が言い、それと共に
クラスで皆が暗誦します。

今日はなんと次女が自ら手を挙げ、やると言った日。
朝からなんとしてでもその放送を聞こえるところで聞きたい!と、
クラス前までついて行きました。
ちょうど他のお母さんが来ていたので、
一緒に放送するところまで行ってほしい!とお願いすると快諾!
オフィスの奥の校長先生の部屋まで連れて行ってくれ、しかも校長先生も
「ママはここでこうやって写真を撮るといいよ!」と!

おぉぉぉ~。

待っていると、同じクラスの男の子もやってきて、その男の子と二人で
忠誠の誓いを!

堂々たるものです~。
感動です~。

普段は学校で全く貝のように口を開かないと有名な次女が、
American boyと一緒に忠誠の誓いを放送で言うなんて、来た当初は考えもしなかったことです。

しっかりその様子も写真ではなくビデオに収めることが出来き、本当にラッキーでした。
助けてくれたお母さんに感謝です。
[PR]
by cofc-hs | 2014-01-09 13:59 | 学校