ipad

a0290938_459355.jpg


Conferenceが少し前にありました。
年2回、先生と保護者がわが子について話し合う「個人懇談」です。

次女は、担任の先生が翻訳サービスを付けてくれ、また成績や態度も
全て問題なく(英語を除いて)、すんなり終了。

長女は、中学と言う事もあり内容も難しく、私一人では無理なので
チューターの方に同席をお願いました。

授業内容が難しすぎて、それによって英語の内容も想像以上の難しさ。
今はHistoryで「サハラ交易」についてのProjectをしているほどで
そんなのも、日本語でも理解できないのに英語なんて無理に決まっている。
Scienceでは、体の細胞の事を勉強。
Mathも、日本では中3で習う√を今受けている様子。





もちろん、全て英語です。当たり前ですが。




長女いわく、「睡魔」との戦いだそうです。
そうりゃそうですよ~英語の超早送りのテープを1時間聞いているようなもの。

担任の先生からは
「授業中、とても彼女はつまらなさそうで落ち込んだ表情なので心配している」

ええ、それはそうでしょう。


「是非、ipad か、LaptopComputer を買ってあげて」と言うようなことを
言われました。
授業中に翻訳したり使えるからと。

アメリカは授業で、Computerをしょっちゅう使います。
次女なんて、3thの時からブラインドタッチの練習やパワーポイントなどの
使い方を学校で練習してきました。

長女の学年になると、Projectだらけでグループや個人であるテーマについて
調べ、パワーポイントで発表し合います。
クラスで、Computerを持っていないのは数人。
もちろん学校にも一人一台当たるように準備されているのですが、
やはり、毎日持って行ける自分のが使いやすい。

と、言うわけでipadかComputerか悩んだ末、ipadに。(いずれ私のものに・・・)
日本では品薄らしいですね。アメリカでも「どこを探しても今はないぞ!」とお店の人に
言われ、諦めかけていたら探してくれて、Luckyな事にホワイトを買う事が出来ました。

Android派の我が家。全く使い方が分かりません。

「今さら人に聞けない、初めてのipad」
みたいな攻略本が欲しい・・・。

壊されないように祈るだけです・・・。
[PR]
by cofc-hs | 2013-12-01 12:33 | 学校