算数の問題

子供たちの、算数の問題プリント。

3グレイドの次女。
日本より先に進んでいる単元もあれば、遅い単元も。
アメリカのかけ算は12×12まで丸暗記です。日本のように、ごろ合わせみたいな
言い方もないので、ひたすら覚えるしかないそうです、なので、かけ算、暗算が出来ない子が
非常に多いのです。次女も最初は12の段で苦戦していましたがコツをつかんでクラスでも断トツトップ。
割り算も筆算も早い。そこで力を発揮するしかないので頑張っています。

が!!算数は計算問題ばかりではありません。見てください、この文章問題を!
「グラフ」や「確率」の元になる問題も最近は出てきました。
こうなると、お手上げです、鉛筆を転がすしかありません。
英語を全く知らない3年生に、こんな文章題が解けるはずかありません~。
(日本の高校生レベルの英語です)

a0290938_445655.jpg
a0290938_4445715.jpg


次女は学年を落とさず、そのままの学年で授業を受けているため日本より早い単元が多く難しいです。

そして、長女。
もう英語も大学生レベルです。無理です。
なのに、長女は最初の数か月こそ一緒に頭を突き合わせてやっていた宿題も今は
自分ですべてこなし、算数ではもちろんトップ!
6グレイドになると算数の授業もレベル別に3つに分かれます。
長女の場合、1学年落としているので授業の内容はそれほど難しくはないものの
出てくる英語が高度なので、そこで苦戦しております。

a0290938_4521570.jpg


2人とも、算数では存分に力を発揮し、頑張ってます^^

**********************************************************************
[PR]
by cofc-hs | 2013-05-03 17:33 | 学校