人気ブログランキング |

グロッサリーストアー

アメリカのスーパーマーケットは多種多様です。
数えただけでも10種類以上。日本でも人気のCOSTOCO(アメリカではコスコと言う)
はじめ、いろんなスーパーがずらり。
日本のようにスーパーだけで独立しているものは少なく、ほとんどが
ショッピングモールとして、巨大な敷地にスーパー、雑貨やさん、ホームセンター、カフェなど
いくつかのお店とくっついています。
大体のスーパーマーケットでは袋詰めしてくれます。
ペーパーバックかプラスティックバッグかを聞いてくれます。

が、

「*〇◆ШД△×*~?」

新幹線で聞いてくるので、聞き取り不可能。

にっこり笑って
「センキュウ~」と、逃げ帰るのです。

あと、カートごと車まで運んでくれたりもします。
でもこの場合、あまりの緊張感に動揺し、車の位置がわからなくなったり。
なので、なるべく自分で持っていくように。

アメリカのレジを無言で通過することはほぼ不可能です!

「Hi~!」に始まり、
「探し物は全部あった?」「困ったことはない?」
「これ美味しいのよ~」「メンバーズカード作る?」
などなど(多分そんな事)、人によってさまざまなことを言ってくれます。
これが最大の難関なのです。
しかしこの関所を通過しない限り、生きていけない、
食べなければ・・・。

毎回遠くから無口そうな人を選び、そして失敗。
いくら無口な人に当たっても必ずお互いに言う言葉があります。

それは・・・・・











「Hi!」

「Thank you!」
a0290938_14133461.jpg
a0290938_14135737.jpg

by cofc-hs | 2012-11-13 14:11 | 生活